みんなで食べるお弁当は最高においしい
by obentoring
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
お弁当の日
私事
その他
食事
ワークショップ
未分類
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

週末のお誘い②

こんにちは、みぽりんです。

悲しいお知らせですが、


昨日で、私の大好きな連載が終わってしまいました。

西日本新聞の「食卓の向こう側」シリーズ。

お弁当の日も掲載されました。
APiQ!!の代表、鹿野氏も一面トップでした。

反響に反響を呼んだ食卓の向こう側。

このままで終わっていいんですか?

いえいえ。^^

3月1日。
イベント、あります!!

「食 くらし」シンポジウム



価格の向こう側・私たちの生活防衛術



とき:3月1日(日)午後1時-4時

ところ:パピヨン24ガスホール(福岡市博多区千代1丁目)

内 容:不況で厳しさを増すばかりの私たちの家計ですが、目先の安さだけを追い求めても未来は見えません。ありものを使ってすてきな料理や加工品をこしらえてしまう農家の主婦のスーパーテクニックを中心に、地域の暮らしを守る食べ物と、その買い方など、足元から始める具体的な生活防衛術について考えます。地域の生産者たちが作った新鮮野菜や豆腐などのバザールも開催します。


■事例報告
秋山公氏(農産物販売「ヴェルデ」代表)
荒毛正浩氏(熊本県人吉市役所)
長野路代氏(農産加工「野々実会」代表)
八尋幸隆氏(農業)
コーディネーター:佐藤弘、渡邊美穂(「食 くらし」取材班)


□定 員:500人(定員で締め切り)※参加無料
□申し込み:はがきまたはファクス、メールで。住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、
・〒810-0001、福岡市中央区天神1の4の1、西日本新聞イベントサービス「食 くらし」シンポ係へ。
・電話=092(711)5491
・ファクス=092(731)5210。
・メールはkakaku@nishinippon-event.co.jp


■バザール(予定含む)
長野路代さんの、無添加ノンオイルドレッシング
荒木豆腐店の九州産100%にがり豆腐
八尋幸隆さんの有機野菜
ヴェルデの新鮮野菜
産直や「蔵肆」の推薦調味料
菊池・渡辺明人さんの無農薬茶
大地といのちの会(予定)
うきは市・みのう農民組合:トラストのお味噌、醤油、大豆、柿栖、干し柿、えへへクレソン
水俣市・佐藤英樹さん:無農薬の甘夏みかん
築上町の地場産100%菜種油
農文協の書籍
宇根豊さんのサイン本「農は天地有情」
ほか、交渉中・・


行動することから、きっと何かが変わります。

(^^)
[PR]
by obentoring | 2009-02-26 09:53 | お弁当の日

週末のお誘い^^

こんにちは、みぽりんです。


私事ではありますが、 22日のAPiQ!!のイベントは大成功でした。

来ていただいた皆様、
応援してくださった皆様、・・・

本当にありがとうございました。


しかし・・・
連日の寝不足のため 私みぽりん、

 
花粉症にやられたようです。>_< うぅ・・

常にムズムズする鼻と 目からあふれ出す涙。
そして、時々くしゃみ。

薬に頼らず、まずは生活リズムを戻していこうと思います。

年度末でお忙しいかと思いますが、皆さんもお気をつけください。(^^)



今日は週末のイベントのお知らせです。
お土産つきですが、スター高橋さんとのコラボもわくわくしますね♪

私も行きます!!
ぜひおいでください。

シンポジウム

農家に直接聞きたい!残留農薬、汚染米から食料自給率まで



残留農薬、汚染米、食品偽装。
連日マスコミを賑わせる食にまつわるニュース。

今さら聞けないあんなこと。

本音を聞きたいこんなこと。

福岡県農業を支える農家が集まります。
農家に直接聞いちゃいましょう。

スペシャルゲストは
ドォーモ(KBCテレビ)やブギウギラジオ(KBCラジオ)
でおなじみのスター高橋さん。

まじめに楽しく、福岡県農業のこれからについて
話し合いましょう。




■日時:2月28日(土) 13:30~

■場所:福岡ファッションビル(FFBホール)

     7F「1号ホール」 ℡ 092-431-7531
   (住所:福岡市博多区博多駅前2-10-19)

■対象:一般市民、食品関係企業担当者、流通業者など

■参加費:無料

■定員:350名

□プログラム:

 13:00~ 開場

 13:30~ 開会

      スター高橋さんと佐藤剛史のトークライブ

      「農家に直接聞きたい!残留農薬、汚染米から食料自給率まで」

      パネリスト:スター高橋、福岡県認定農業者3名

      コーディネーター:佐藤剛史(九州大学大学院農学研究院助教)

 15:30~ 休憩

 15:40~ 農家の一言PRと農家との交流時間

      ・各地域農家の展示ブースで農家と直接交流下さい

      ・商談も可能です

      ・プレゼントの引き替えもこの時間に行います     

 16:30  終了

■特典:開場後先着300名様に福岡県内のトップ農家が

   生産した農産物プレゼント

■申し込み方法:

  ①名前、②連絡先(住所、電話、メール)を記入の上、

  メールまたはFAXを送付してください

■申し込み・問い合わせ先

  福岡県認定農業者組織連絡協議会事務局 担当:三井

  〒810-0001 福岡市中央区天神4-10-12 JA福岡県会館内

  TEL: 092-711-5070
  FAX: 092-711-5090
  e-mail:n9faca@bronze.ocn.ne.jp

[PR]
by obentoring | 2009-02-24 10:13 | ワークショップ

第72回お弁当の日①

こんにちは、みぽりんです。

最近、フランスパンにハマッています。
季節の野菜をクツクツ煮込んだものをのっけて食べると 
ん~♪美味。

暖かいから、ちょっと出かけて
外で食べるのもいいかもしれませんね。




更新が止まっていましたが、
まだ私のパソコンは不調のようです・・・。

早く良くなることを期待しながら
お弁当の日72回目を振り返ってみましょう。

テーマは「妥協なき!!名前の頭文字食材弁当」でした。

まずは、ちょっとズルをした私から。
f0110669_11511798.jpg

f0110669_1151295.jpg


リシタ)=干し物

ということで、乾物を使った一品です。
豆、高野豆腐、切干大根の入った煮物。

それと、んのり干した白菜の炒め物。

「え~~~!!みぽりん、これでいいと~?」
と責められました・・・


「これは?」

「・・・高野豆腐です・・・」

「じゃぁこれは?」
「・・・ハクサイです・・・」


「ほんのりって、使ってるのは白菜やん!」

甘えていました。ごめんなさい。

だって、みんながこんなに妥協知らずとは思わなかったものですから。

わたりんはすごいな。
f0110669_1158650.jpg

けぎとかめとかどりの りした和え。

敵いませんね・・・

割り下なんてどうやって思いつくんだろう。

しかも、ワケギもわかめも 旬の食材。
完ぺきです。


佐藤先生も負けてはいませんでした。
f0110669_1203581.jpg

 とう(五島)うどんのマサラダ~ボウ風味。

私が怒られる理由が分かってきたでしょう?>_<

五島うどんだけでは物足りなかったようで
ゴマは 黒ゴマペーストと白ゴマの両刀使い!

ゴマとゴボウの風味がたまらなくマッチ♪
うどんもちょっと細め(?)でしっかりとした歯ごたえがありました。

2人のお弁当からは 妥協なんて言葉は見つかりません。


お弁当の日は やさしさの時間です。

「そのお弁当の日で妥協をしないということは
やさしさを追求していくことなんだよ」

どういう形であれ、
お弁当の日のやさしいパワーが広がっていったらいいな


そうだ(^^)!

外へお出かけの際には、
ちょっと作ってみませんか^^

きっと、あなたが変わります。
[PR]
by obentoring | 2009-02-16 12:13 | お弁当の日

222の日

あっという間に 2月に入りましたね。

みなさん、おいしくごはん してますか?


暴風かと思ったら、暖かい日が続いています。
なんだか不思議なお天気が続きますね^^;

でも街中では ちらほら春がやってきているようです。

梅の蕾が大きくなっていたり
八百屋で菜の花がおいてあったり
お花屋にチューリップが咲いていたり・・・

あと、私の食欲が 根菜類から 山菜へとシフトしてきました^^

もうすぐ春ですね。


今日は、ちょっとしたイベントのお知らせです。
APiQ!!主催の 食を考えるワークショップ。
2月22日(日)。


かっこいい農家さんもみんなで一緒に考えます。

食べることをいつもと違う視点から のぞいてみませんか。

どなたでも参加できます。
美味しいおやつもついてきますよ♪

以下詳細です。


-Agri-Project in 九州!! PRESENTS-
食と農の井戸端会議」 2009 
   ~‘‘いいかげん’’な食を‘‘良い加減’’に~


食品偽装、農業の後継者不足、食料自給率、食生活のスタイルの変化などなど・・・

食と農を取り巻く問題って
なんだかたくさんありますね!

一見するとどの問題もバラバラのようですが
そこにはひとつの共通した問題点があるのです。


それは・・・「食と農の距離」。

私たちAgri-Project in 九州!!(以下APiQ!!)は2003年に発足してから、
毎年夏と春に行う二丈町での農業インターンや食卓ブックレットの作成など、
様々な活動を行ってきました。
活動を続けていく中で改めて感じた「食と農の距離」。

その距離について、私たち「食べる人」と「つくる人」である現役の農家さんとが
ひざを交えて話し合う井戸端会議が今、始まります!!


*******************************

○日時 2009年2月22日(日)  13:00~16:30(12:30受付開始)

○場所 九州大学箱崎キャンパス附属図書館4F視聴覚室

○対象 主に学生、ただし一般の方の参加も大歓迎です。

○参加費 300円(資料代)

-プログラム-
■13:00 開会
アイスブレイク(APiQ!!の紹介、クイズ等)

■13:30 パネルディスカッション
<現役の農家さんの他に、社会人や学生などを交え、食と農を取り巻く現状について語っていただきます>
  □パネラー(予定)
 吉住公洋さん(農家:二丈赤米産直センター)
 吉田真貴子さん(社会人:APiQ!!創設者  )
 佐藤節子さん(食:コミュニティーレストラン筥崎公会堂)
 鹿野翔(学生:APiQ!!現代表 九州大学農学部3年)

■14:45 分科会
<4つのテーマに分かれて参加者の皆さんも一緒に考えて見ましょう。>
①~自給率の向こう側~
②~手作りのススメ ~
③~あなたにとっての食の安全・安心とは?~
④~農業という仕事~    

■16:15 まとめ
■16:30 閉会



******************************
○分科会の概要○

①~自給率の向こう側~
自給率40%の日本。その背景には、WTOで推し進められた貿易の自由化、外国産の野菜の方が安いという事実、他にもさまざまな問題があります。自給率という観点から食と農の現状について考えてみたい方におススメの分科会です☆

②~手作りのススメ ~
便利な世の中となった今、いつでもどこでも簡単に「食」が手に入るようになったその一方で、それまで大切にされてきた保存食などの食にまつわる知恵は伝えられなくなってきました。日本の食の知恵について知りたいという方におススメの分科会です☆

③~あなたにとっての食の安全・安心とは?~
食品偽装、残留農薬など、食の「安全・安心」が今注目を集めています。しかし、そもそも「安全・安心」とは何なのでしょうか?国産であれば「安全・安心」なのでしょうか?
自分にとっての食の安全・安心とは何なのかということを考えてみたい方におススメの分科会です☆

④~農業という仕事~
農業を仕事と考えた時に、収入支出、時間の使い方、などの生活スタイルをサラリーマンと比較し農業という仕事の特殊性を理解します。また農業の持つ多面的機能についても考えていきたいと思います。農業という仕事について知りたいという方におススメの分科会です☆

*プログラムは多少変更される場合もあります。ご了承ください。




<お申し込みはこちらから>
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=12693

<お問い合わせ>
電話:080-1080-3040(代表 鹿野)
メール:apiq03@yahoo.co.jp

[PR]
by obentoring | 2009-02-02 18:06 | お弁当の日