みんなで食べるお弁当は最高においしい
by obentoring
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
お弁当の日
私事
その他
食事
ワークショップ
未分類
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第4回お弁当の日

日に日に寒くなっていますね。
ということで、今日からお弁当食べる場所を芝生から教室の中に移しました。
芝生の方が気持ちいいんですが、寒さには耐えられない・・・。
芝生は季候がいい時のとっておきということで、来年の春までお預けです。

今回のテーマは「自分の名前の頭文字から始まる食材弁当」です☆
今回全体写真を撮ってないので、一人一人見ていきたいと思います!!

まずは「にょっき」のお弁当。
f0110669_231523.jpg

彼のお弁当は「タマネギとタマゴのサラダ」
テーマ文字は「ゆ」だったはずだけど・・・?
でも、苗字が「た」だからいっか。ということに。
それにしても色鮮やかですねー。
春のお花畑みたい☆☆☆
そういえば、にょっきのお弁当にはいつも必ず「しし唐」が入ってます!
普段しし唐を買ったりしない私にとったら、しし唐を普段使いしていることが驚きです。
今度しし唐のおいしい食べ方聞いてみよう!


お次は「しかのすけ君」のお弁当
f0110669_237503.jpg

彼のお弁当は「シメジとしゃけの炊き込みご飯」
彼のテーマ文字は「し」
「シメジ」も「しゃけ」もOK!!
加えて、『「しお」と「しょうゆ」で味付けしましたっ!!』ですって。
完璧☆
普段私達は一品のおかずとご飯を持ち寄るんですが、しかのすけ君は「おかず持ち寄り」の概念をぶち破ってくれました(笑)


今日はこの二人でおしまいです☆
明日は誰を紹介しようかな・・・?
[PR]
by obentoring | 2006-11-30 23:18 | お弁当の日

食材を探して・・・

明日は久しぶりのお弁当の日です!
みなさん、テーマ覚えてますか?
「自分の名前の頭文字で始まる食材弁当」ですよ!!

前のブログで、当てはまる食材がなかな無いって嘆いてましたが(私は「め」から始まる食材を探さなければなりません・・・)この2週間考えました。
その結果思いついた食材がこちら。

・めかぶ
・めかじき
・メープルシロップ
・麺
・めんたいこ
・メロン
・めばる
・めざし
・メークイン
・めじまぐろ
・メルルーサ(別名:ヘイク)
・めんよう(羊)
・メキャベツ
・めし

メルルーサというのは冷凍品の切り身として使われる魚らしいです。
ちくわの原料にもなってるみたい・・・。
「麺」とか「めし」とかはちょっと厳しいですね(^^;)
でも、意外とたくさんありました。
「めかぶ」と「めかじき」だけだったらどうしよう、と思ってたのですが普段使いできそうな食材も見つかったので一安心です。

明日は「メークイン」を使った一品を持ち寄り弁当にしたいと思います。
何を作るかは明日のお楽しみ!!
[PR]
by obentoring | 2006-11-29 20:51 | お弁当の日

食欲がない時は・・・

だんだん寒くなってきていますが、皆さん体調崩したりしていませんか?
私は風邪をひいてしまいました・・・(--;)
風邪をひいたのはだいぶ前で、実はもう治りかけてるんですが、食欲が戻ってきません。

私は自炊することが多いのですが、それは「何かおいしいものが食べたい!!」という欲があるから。
だから作っていて楽しいし、出来上がったものを食べて幸せ~と思えるのです。

それが食欲がない、ときたら・・・。
まず料理する気が失せます。
それでも、何か食べなきゃ・・・と思って渋々料理すると適当になってしまいます。
元々食欲がないのに愛情もそこそこの料理でダブルパンチ。
あんまり幸せな気分にはなれません。

今日もそんな感じで、満足感を得ることなく夕食を終えてしまいました。

以前何かの本で「食欲が無いときは無理やり食べなくてもいい。体の声に耳を傾けろ」というのを読みました。(竹熊先生の本かな?)
確かに、体が要らないと訴えてるのに無理やり詰め込むのはあんまりよくないような気がします。
でも、昔から「風邪ひいたときはしっかり食べて栄養つけなさいっ!!」と言われてきたし・・・。

今、食欲が無いときはどうすればいいのか考えています。

食欲が無いとき、皆さんはどうしていますか?
無理して食べますか?
体の言うとおり食べるのを休みますか?
教えてください!
[PR]
by obentoring | 2006-11-26 21:26 | 食事

農村民泊in安心院 ~後編~

さて、昨日の続きで、今日も農村民泊のお話です。

楽しみにしていた夕食。
メインディッシュはしゃぶしゃぶ!
部屋の真ん中にある囲炉裏に炭で火を焚いてそこに土鍋をかける。
外は安心院特有の底冷えする寒さですが、部屋の中は暖かい・・・。
f0110669_20183238.jpg

ダシ汁に、中山さんちの畑で採れたカブダイコン・ターサイ・菜の花(この時期に菜の花が咲いてたんです!!びっくり)そして、大分県産のキノコに豚肉を入れて出来上がり。
特別何か調味料を入れたわけでもないのに、おいしい!!
ダシの味と食材そのものの味が生きてるおかげでいくらでも食べられそうな味でした(^^)

料理はしゃぶしゃぶだけじゃありません!!
ご覧あれ、私が食べた料理の数々を!!
f0110669_20342232.jpg

上段:カボチャの煮つけ・しゃぶしゃぶ・ドジョウのてんぷら
中段:かしわおにぎり・きんぴらごぼう・ぎんなん
下段:レンコンの酢漬け・アジのショウガ醤油漬け・しゃぶしゃぶの菜の花

他にも、手作り漬物や、昆布巻き・ゼンマイの佃煮なんかもあったんですが、食欲に負けて写真撮れませんでした・・(^^;)
全部おいしかったけれど、私のお気に入りはドジョウのてんぷらと、アジのショウガ醤油漬けだったかな。

これらの食材は基本的に自給していて、自給できないものでも県内産のものを使うそうです。
ドジョウなんかは外の桶の中に飼っていて、自分達が食べる分だけ捕まえて天ぷらにしてくれました。(ドジョウ捕まえました!!)
中山さんを見ていて、農村では「地産地消」が当たり前にできているのかなー、と感じました。
そして、その季節に採れるものしか食べないから(というか食べれないから)自ずと旬のものを食べることになるわけです。
今回も生野菜は一切出てきませんでした。
全て火を通した野菜。
晩秋ですからね、それが自然な食べ方だと思います。
f0110669_21132799.jpg

都会に住んでいると、旬も感じないし産地にも感心を向けなくなる。
農村のようにいつもいつも地元産の旬の食べ物を食べることはできなくても、ちょっと考えて地元産のもの、そしてできるだけ旬のものを選ぶようにしていきたいものです。

ホントの地産地消に出会って、食を豊かにする方法をまた一つ実感しちゃいました☆
楽しい旅行だった!!
f0110669_21125413.jpg

[PR]
by obentoring | 2006-11-24 21:13 | 私事

農村民泊in安心院 ~前編~

久々の更新です。
一週間もほったらかしにして何をしていたかと言いますと、旅行をしていました。
今回はお弁当の話でなく、この旅行のお話。


友達に誘われて、大分は安心院(あじむ、と読みます)へ農村民泊をしてきたんです。
安心院はグリーンツーリズムといって、農村生活を体験できる農村民泊を早くから導入したことで有名な町です。
そこの有名おかあさん「中山さん」が営んでる「舟板昔ばなしの家」へお邪魔しました。

こんなとこ(部分的な写真ばっかりですが・・・^^;)
f0110669_22251419.jpg

周りは民家と畑だけ、といったいい感じの田舎です。

友達と大分観光してから向かったため、到着は5時ごろに・・・。
そこで、振舞われたWELCOMEドリンクならぬ、WELCOMEおにぎり!!
f0110669_22273724.jpg

この時間におにぎりは・・・
と思ったものの、あまりの魅惑に負けてしっかり食べてしまいました。
これがまたおいしいこと・・・。
しっかり味はしみてるし、鶏肉は弾力があっておいしいし。(←さすが大分!)
一個といわず、もう一個くらい・・・。
いやいや、ここは我慢我慢。
おいしい夕食が待っているんですもの。

上の写真の端っこに写ってる花見えますか?
これはさざんかで、中山さんとこの庭に咲いてるものらしいのです。
実はこれ「箸置き」なんです。
枝のところに箸を置くんですが、私はこれがとても気に入りました☆
とても粋な感じがして素敵!
わざわざ庭から採ってきて枯れないように水に挿して、花がきれいな状態で私達の前に出してくれる。
暖かいもてなしの気持ちが伝わりました。
私も自分なりのもてなし方を考えて、今度実践してみよう!!

長くなるので今日はここまで。
注目の夕飯は明日のお楽しみです☆
乞うご期待!!


f0110669_22542272.jpg

[PR]
by obentoring | 2006-11-23 22:56 | 私事

第3.5回お弁当の日 -舎長の場合-

今日も昨日に引き続き、お弁当の紹介をしたいと思います。
今日は、舎長のお弁当です。

じゃん!
f0110669_2136567.jpg


きれい!!!
彩りがとてもきれい!

個人的には一番好きなお弁当でした。
何でかって、お弁当箱が素敵☆
おかずの色が映えて、とってもおいしそうに見える。

中に入ってるおかずは主役ですからもちろん大事です。
でも、どんなに立派なおかずでも器が残念だとおいしそうに見えません。
食事は味覚だけでなく、視覚も大事!
そんなことを実感しました。

私も素敵なお弁当箱が欲しいなぁ、と思ってるのですが、どうやら箱崎に「曲げ物」(写真のような容器)作りの名手がいるようです
これは行くしかないっ!!

今は味覚に終始してしまいがちですが、こうやって少しずつ視覚のことも考えられるようになってきているし、ゆくゆくは五感で食事を楽しむことを実感できればいいな、と思います。
まずは「視覚」から!!
[PR]
by obentoring | 2006-11-15 21:56 | お弁当の日

第3.5回お弁当の日 -11月14日-

今週・来週とお弁当の日が無いため、今日箱崎キャンパスで参加できる人だけお弁当の日を開催しました。
今日のテーマは「バランス抜群弁当」です。
今回は持ち寄り弁当ではありません。
いかにバランスのよいmy弁当を作れるかがポイントです。

さて、今日ご紹介するのは比良松先生のお弁当です。
いつも抜群の味付けおかずを作ってきてくれます。
きょうのお弁当はこんな感じ・・・

f0110669_225929.jpg


先生の今日のお弁当は、ごはん・ピリ辛野菜炒め・チーズとベーコンの卵焼き・洋風ナムルなどなど

おかずを少しずついただいたのですが、私の中でヒットだったのは「チーズとベーコンの卵焼き」
これは、おいしい!!
ただの卵焼きが立派な一品になる感じです。
作り方は卵を巻く時に「とろけるチーズ」と「ベーコン」を一緒に巻き込むだけ、だそう。
今度作ってみるつもりです(^^)

先生の一押しは「洋風ナムル」(写真手前)
ナムルというのは韓国の家庭料理なんですが、給食で食べたことある人もいるのではないでしょうか?(野菜をたくさん摂れるから給食に取り入れられているらしいです)
普通は塩茹でした野菜をごま油で和えるだけ、という簡単お手軽料理なんだそうですが、このナムルはそれにタマネギとドレッシングをプラスして洋風にしたそうです。

今日はモヤシのナムルをいただきましたが、ナムルっていろんな野菜で作れるみたいですよ。
ちょっと検索してみたら、モヤシ・ホウレンソウ・ニンジン・ダイコン・キュウリ・ワラビ・ゼンマイ・ズッキーニ・ゴーヤなどなど
山菜系のナムルはビビンバに入ってるので馴染み深いですね。

日本では簡単お手軽料理のイメージがありますが、本場韓国での捉えられ方はちょっと違います。
韓国のことわざに
「ナムルの味をみれば、嫁の料理の腕がわかる」
というものがあるそうです。
ナムル料理は手間がかかり、作る人の心遣いが味を左右することから生まれたことわざです。
韓国ではナムルの材料を下ごしらえするときには包丁を使いません。
素材の風味が損なわれてしまうからです。
そして、素材にあわせて、ねぎ、にんにく、ごま油、塩、しょうゆなどで味付けしなければならないので、大変手間がかかる料理とされているのです。
だから、ナムルがきちんと作れる女性は他の料理もきちんと作れる、とみなされるのでしょう。

これは日本でも同じことだと思います。
煮物なんて和風ダシと醤油とみりん風調味料を使えばあっという間にできるお手軽料理です。
でも、ダシを昆布・かつお節から丁寧にとって素材にもこだわり、醤油・みりん・砂糖をきちんと使えば、手間もかかるし気も使わなければならない料理になります。

私は普段和風ダシにお世話になっていますが、一度昆布でダシをとったことがあります。
ちょっと緊張しました。
でも、気持ちがピシッとするんですよね。
気を抜いちゃいけないぞ、という感じで。
和風ダシにもメリットはあります。
でも、ここぞという時にはちゃんとダシをとれる女性でありたい。
料理に対して真摯な気持ちがもてるし、それを通して人間性も垣間見えてしまうでしょうから。

比良松先生のおかずはいつも丁寧な味がします。
見習わなきゃ!!

参照:https://www.ajinomoto.co.jp/cookdo/korea/m01/05before/01.htm
[PR]
by obentoring | 2006-11-14 23:40 | お弁当の日

ふたりごはん

持ち寄り弁当を作り始めて気づいたこと。

誰かの為に料理を作るって、とっても楽しい。
自分が作った料理でみんなが笑顔になってくれるって、ものすごく幸せ!!

ということで、こんなことやってみました。

「ごはん食べ会」

実は、こう名付けて友達と一緒にごはんを食べるというのは、お弁当の日が始まる前にやったことありました。
一人でごはん食べるのって、寂しいですから。
お互い時間があるときに一緒にごはん食べよう、と。

でも、今回はちょっと趣向を変えて「相手の為に作る晩ご飯」というテーマでやったわけです。
気分は「旦那の帰りを待つ妻」

今回私はもてなされる側です。
もてなしてくれたのはいだじゅんです。

連絡もらってから彼女の家に向かうと、部屋の中からいいにおいが・・・。
煮物だっ!!
と思って、台所に目をやるとおいしそ~な筑前煮が!!
f0110669_15575629.jpg


一緒に配膳して、いただきまーす。
f0110669_15592467.jpg

ごはんは、新キャンパスの田んぼでとれた赤米ブレンド!もっちり感がたまりません。
お汁はタマゴとわかめの中華風スープ。ごま油の風味が最高!
筑前煮にはサツマイモが入ってた!新鮮☆

もう、ホントにホントにおいしかった・・・。
筑前煮がいい味出してて、ごはんが進む。
全てをぺろりと平らげて、満腹、満足。
いだじゅんの愛情をいただいたおかげで、あまりよくなかった体調(二日酔いです^^:)が回復いたしました!

「いただきます」と「ごちそうさま」をいつもより心を込めて言うことができました。
感謝の気持ちを表す素敵な言葉ですね。

その後、アルコールも入ってないのに熱く語り合って、語り合いすぎて、結局彼女の家を出たのは1時前でした。
でも、とても貴重な時間。
大学生じゃないとこんなことできないし。
よく考えてみたら理想としていた大学生活が少しできちゃってる!?

「ごはんを一緒に食べる」だけなのに充実した時間が送れる。
「ごはん」ってすごい潤滑油になってくれるんですね。
そして、「素敵なごはんの時間」を過ごせる友達がいる私は幸せ者です。
ありがとう☆

飲み会じゃない、「ごはん」を楽しむ「ごはん食べ会」
一度やってみてください!
きっと、いろんな話ができると思います。
[PR]
by obentoring | 2006-11-11 16:24 | 食事

第3回お弁当の日 -11月9日-

昨日第3回お弁当の日が行われました!!
今週に入ってから寒くなったので、外で食べるのは辛いかな~と思っていたけれど、昨日はぽかぽか陽気。
まさに小春日和。
外でお弁当を食べるのには最適な日でした☆

さてさて、まずはみんなが作ってきたお弁当をお披露目しましょう。
今回のテーマは「お気に入り野菜弁当 Part2」です。

じゃん!

f0110669_1622167.jpg


さらに詳しく見ると・・・

f0110669_1622394.jpg


今回も力作ぞろいです☆
ざっと紹介すると、(左上から)
八宝菜・里芋とこんにゃくの煮っころがし・ナスとピーマンの味噌いため・レンコンの梅肉和え・大根サラダベーコンチップ風味・から揚げ・ロール白菜・里芋と人参の煮物・キノコと野菜の塩炒め・里芋の煮っころがしイリコ入り・カラッと大学芋・カブと豚肉の煮物・大根サラダ梅肉ソース・柿とカブのナマス・カボチャのおやき、全15品目

今回は芋を煮っ転がしてきた人が3人、大根をサラダにしてきた人が2人いました。
それぞれお弁当を紹介する時に
「うわぁ、かぶったーーー!!」
という声が上がりましたが、食べてみれば何の問題もない。
みんな違う味なんですもの。
おうちによって味付けは変わるものですね。
みんなで持ち寄って食べるのは、いろんな料理を食べられるというメリットもあるけれど、自分の家以外の料理文化を楽しめるというメリットもあるんだなぁ。


今回、また新たに一人新しいお弁当仲間が加わりました!
事前に持ち寄り弁当のことを知らなかったらしく、この日はこだわりから揚げ弁当を買ってきてメインステージに並べてくれましたが、「次回は手作りで作ってくる!」とのことです。
次回のお弁当デビュー、楽しみです。
そして、少しずつですがこのお弁当の輪が広がってるのがとても嬉しい!!
今、大学で「お弁当の日」を実施しているのはここ九州大学と香川大学だけだそう。
この先、大学でもどんどんお弁当の輪が広がっていけばいいなー。


f0110669_1652784.jpg

(みんな、容器のふた等にこんな風にてんこ盛りにして食べます・笑)


次回は文化祭・休日が続くため2週間先になってしまいます・・・。
残念。
2週間分の思いが溜まって、次のお弁当の日はものすごい豪勢なものになるかも!?
第4回のお弁当テーマですが、
「自分の名前の頭文字から始まる食材弁当」
です。
これ、けっこう難しいですよ。
私は
「めぐみ」なんで「め」なんですが、「め」ってあんまり無い・・・。
みんなに聞いたら
「メカジキ」「メカブ」・・・・・・
って、あんまり出ませんでした(^^;)
でも、食材探しから始まって、挑戦したこと無い食材を調理するというのは新鮮で、とても楽しみです。
第4回お弁当の日も乞うご期待!!
[PR]
by obentoring | 2006-11-10 17:03 | お弁当の日

ルーツ

背骨の曲がったハマチを見たことありますか?

今から10年くらい前、私がまだ小学生だった頃、図書館で何気なく手に取った本にそいつは載っていました。
ありえない方向に曲がって、まっすぐまな板の上に乗らないハマチは、とてもグロテスクで今でも頭の中に焼きついています。

その本の名前は
「今、食が危ない」

変形ハマチだけでなく、港に野ざらしにされ有害物質が流れ出している缶詰、食品に含まれた有害物質を食べたせいで顔が崩れてしまった女性など衝撃的な写真がたくさん載っていたのを覚えています。

何より衝撃だったのは、その変形ハマチが切り身として市場に出回っていたという事実です。
今まで自分達が食べていた食べ物は安全だと思っていたのに、まさかこんな魚が出回っているとは・・・。
それはそれは驚きました。
そして、焦りました。
これは自分がどうにかしなければならない、と。
そんなこんなで、今でも「食」に興味津々の大学生となりました。

今思えば、おそらくこの本は多少大げさに書いてあったんだと思います。
改訂版はかなり内容が変わっていましたし。
でも、「食」に目を向けさせてくれたこの本に私は感謝してます。
おかげで、「食」の実態を知ることが出来ただけでなく、「食」の楽しさ・大切さも知ることができたのですから。

今日は思い出に浸ってみました。
というか、私のルーツです。
完璧に私事ですが・・・(^^;)

明日は第3回お弁当の日です☆
テーマは「お気に入り野菜弁当 Part2」となっております。
そうそう、明日は西日本新聞社で「食卓の向こう側」を連載しておられる佐藤弘さん(先日の食育ワークショップで講師をしてくださった方です)が私達のお弁当の日を取材しに来られるそうです!!
「食卓の向こう側」に触発された人、っていうことで取り上げられることになりました!!
もしかしたら新聞に写真載るかもしれないからばっちりメイクしていかなきゃ(笑)
もちろんお弁当もいつもより2割増し☆
[PR]
by obentoring | 2006-11-08 21:47 | 私事