みんなで食べるお弁当は最高においしい
by obentoring
カテゴリ
全体
お弁当の日
私事
その他
食事
ワークショップ
未分類
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 10月 30日 ( 1 )

第3回食育ワークショップ~食べ盛りの君達へ~

さて、昨日の続きから。

みんなでご飯を食べた後は午後の部です。
初めは内田先生のお話。
「ありめぐちゃんは5回くらい見たことあるかもしれないけど・・・」
と前置きされてから流れたスライドは「赤ちゃん誕生」
確かに、このスライド4回目でした(笑)

でも、このスライド好きなんだよねぇ・・・。
お母さんになる大変さ・それを越える喜びが分かる気がして。
(もちろん、本当はもっともっとすごいものだと思うけれど)
そして、命のリレーをつなげたい、と思う。
つなげなきゃ、という義務感ではなく、つなげたい、という希望。

「いけてる大学生」と「食べること」と「命のリレー」がつながっていることを再認識しました。
まずは自分を大事にすること、それができて初めて次の命を大事にできること。
今は自分を一生懸命大事にする時期なんですねぇ。

キラキラのお母さん、ありがとう。


次はグループディスカッション。
いろんな大学に協力してもらって作成した大学生の食アンケートの結果を見て、感想・問題点を挙げていきます。
そして、それに対する解決策まで話し合いました。
(大学生の食アンケートの結果はこちら


その次は、福田先生と波佐見南小学校の子供たち。
まず子供たちのプレゼンテーションから。
小学生のプレゼンテーションかぁ。
と侮るなかれ。
この子達すごいんですから。
考え抜かれたセリフ・間・動き。
完璧です。
小学生にここまでのプレゼンテーションをされたら、大学生はどうすればいいんだっ!!?
小学生、かっこいい☆☆☆
スーパー小学生に刺激を受けまくった大学生なのでした。
そして、福田先生の話からは「なんでもないことに感謝」の大切さを実感。
お弁当のテーマも「感謝」でしたし、感謝について考える一日でした。
それにしても、福田先生の子供たちを見る眼、温かかったなぁ(´∀`)

遠いところから来ていただいて、ありがとうございました!!
子供たちもおもしろいプレゼン、ありがとう!!
(プレゼンをする子供たち↓↓)
f0110669_021090.jpg



そして、最後はしゃちょうからのスライドプレゼント。
みんなが、振り返りをしてる間に即行で作ったもの。
大学生のお弁当の日の紹介から始まり、今日のイベントの写真もたくさん載せてあります。
会場からは
「え。これ今日の写真じゃない??」
という声が。
私は前もってこのプレゼントのことを知っていたので、こういう純粋に驚き・喜んでくれる声を聞くと嬉しくなります。
いけてる大人、の優しさをいっぱい受け取りました。

しゃちょう、ありがとう。


実は、このスライドには後一つサプライズがあって、それは
「竹下先生からのメッセージ」!!
お弁当のテーマ
「感謝」
を提示してくれた先生です!!
このワークショップの日程が決まって、竹下先生に告げた時、
「予定が入っていて参加できない」
という返事をいただいたけれど、その口ぶりから参加することを前提としていてくれたことを感じとって嬉しくなりました。
そんな竹下先生の優しい気持ち、しっかり受け取りました。
ありがとうございます。


最後に
参加してくれた人、ありがとう。
手伝ってくれたスタッフ、ありがとう。
10月27日が無事に楽しく終わったことに感謝します。
f0110669_0292552.jpg

(小学生の子が切ったキュウリ・上手でしょ?)
[PR]
by obentoring | 2007-10-30 00:28 | ワークショップ